沿革

RP東プラの歩み

1953 (昭和28) アクリル樹脂シートを主体とした成形加工を開始  
1955(昭和30) 東洋プラスチック株式会社(東プラの前身)を設立
真空成形機(ドレープ式国産1号機)を設置
 
1958(昭和33) ウオールキャビネット(R)を生産開始 写真
1959(昭和34) 冷蔵庫部品及び建材を量産開始
洗面台・浴槽の開発に着手
写真
1960(昭和35) 東洋樹脂株式会社を設立  
1965(昭和40) 東京営業所を開設(東プラ)  
1966(昭和41) シート製造装置を設置(東洋樹脂)  
1968(昭和43) 竜舞プラスチック株式会社を設立
大型射出成形機を設置(竜舞プラスチック)
写真
1969(昭和44) マレーシアに合弁会社TOYO PLASTIC(MALAYSIA)SDN.BHD.を設立  
1971(昭和46) 滋賀工場完成(東プラ)  
1974(昭和49) 東洋プラスチック株式会社を東プラ株式会社に社名変更  
1975(昭和50) 多層シートの技術を仏国シャンプセダップ社より導入し、
4種7層までの多層シートを生産開始(竜舞プラスチック)

FRA(R)(強化アクリル樹脂)マーブルが昭和50年度第18回全日本プラスチック製品コンクール通産大臣賞(第1位)を受賞
写真
写真
1980(昭和55) 特殊低発泡成形法(New S.F.)による射出成形品量産開始
原材料樹脂の製造を行う明彩化学株式会社を設立
写真
1984(昭和59) 米国S.P.I.にて最優秀賞受賞(New S.F.応用の製品設計)  
1988(昭和63) 竜舞プラスチック株式会社と東プラ株式会社合併
RP東プラ株式会社に社名変更
 
1989(平成元) 東洋樹脂株式会社の吸収合併  
1990(平成2) 射出成形部門・高圧ガス中空成形(AGI)生産技術開発完了
OA機器ハウジングの量産開始
写真
1991(平成3) 射出成形部門、H2M(超中空成形)技術完成、量産開始  
1995(平成7) インドネシアに合弁会社 PT.TOPLA ABADI JAYA を設立  
1996(平成8) RFM(曲管射出成形)技術完成 写真 写真
1997(平成9) インドネシアに射出成形の新工場完成  
2001(平成13) 香港にプラスチックシートの販売会社として
TOPLA INTERNATIONAL(HONG KONG)LTD.設立

中華人民共和国広東省に上記香港会社が販売するプラスチックシートの生産会社
TOPLA PLASTIC (SHENZHEN)CO.,LTD.設立
2003(平成15) 本社を吹田市江坂町に移転  
2007(平成19) ポリテック株式会社を連結子会社化し、PETシートの市場シェア拡大
関東群馬工場操業開始
写真
2008(平成20) さいたまエコシート株式会社を連結子会社化し、PETシートの生産量を増大  
2011(平成23) インドネシアの PT.TOPLA HYMOLD INDONESIAを連結子会社化し、
インドネシアでの射出事業を拡大
ベトナムに TOPLA VIETNAM CO.,LTD.を設立
 
2012(平成24) 東プラテクノ株式会社を連結子会社化
関東群馬工場に太陽光ソーラーパネルを設置
写真
2013(平成25) ウオールキャビネット(R)のニューモデルを上市  
2015(平成27) さいたまエコシート株式会社の吸収合併  
2016(平成28) ポリテック株式会社の吸収合併  
2018(平成30) 国内関係会社である、東プラテクノ株式会社と明彩化学株式会社を合併し統合
会社名をテクト株式会社に変更
ページトップへ