品質への取り組み

RP東プラは技術・開発・生産のすべてのプロセスで
トータルな品質管理を推進しています。

写真

創業から今日まで、すぐれたプラスチック製品を市場にお届けし続けるRP東プラの最も大きな事業テーマが「Technology」---すなわち、あくなき品質の追求です。この実現に向けて自社独自の厳しい品質基準を設定するとともに、国際的な品質マネジメントシステム「ISO9000シリーズ」を複数の事業所で取得しています。

品質方針:お客様に信頼される製品を提供する

1. 「顧客の満足を第一」の考えに徹し、より一層の顧客満足を得るために各組織の責任に応じて従業員全員で
品質マネジメント活動を実施する。
2. 顧客の要求に適合する、信頼される製品を提供する。
3. 要求されている法令及び規制事項は守る。
4. 各プロセスの業務を標準化し、これを確実に実行する事により、安定した品質を保証する。
5. 従業員各自は、常に品質水準の向上と作業内容の改善に努力する。

■ 品質マネジメントシステム<ISO9001>取得状況

●RP東プラ株式会社

受審事業所 関東竜舞工場 (プロダクト事業部)/本社 (プロダクト事業部 営業部)/滋賀竜王工場 (プロダクト事業部)/滋賀甲西工場/関東群馬工場
審査機関 一般財団法人日本燃焼機器検査協会(JHIA)
対象及び範囲 1)プラスチックの射出成形品、VF成形品及びシート製品の設計・開発、製造及び委託製造並びに販売
2)プラスチック成形品の仕上・組立及び委託製造並びに販売
3)プラスチック製品の外注委託製造の管理
受審規格番号 JIS Q 9001:2008
ISO 9001:2008
登録番号 JHIA-Q158
登録日 2000(平成12)年6月19日
受審事業所 本社・和歌山工場、大阪営業所、札幌工場
審査機関 日本検査キューエイ株式会社(JICQA)
対象及び範囲 A-PETシートの設計・開発、製造及び販売
受審規格番号 適用規格ISO 9001:2008/JIS Q 9001:2008
登録番号 2050
登録日 2004(平成16)年5月27日

●明彩化学株式会社

審査機関 一般財団法人 日本燃焼機器検査協会(JHIA)
対象及び範囲 合成樹脂の着色コンパウンドの設計・開発及び販売
受審規格番号 JIS Q 9001:2008
ISO 9001:2008
登録番号 JHIA-Q158
登録日 2005(平成17)年9月5日

●PT. TOPLA ABADI JAYA

審査機関 ISO 9001:2008
対象及び範囲 電気製品及び自動車部品用途のプラスチックシート、プラスチック射出成形品と真空成形品製造と開発
登録認証番号 01 100 018701
登録日 2013年10月21日

●TOPLA PLASTIC (SHENZHEN) CO.,LTD.

審査機関 SGS
受審事業所 TOPLA PLASTIC (SHENZHEN) CO.,LTD.
受審規格番号 ISO 9001:2000
登録番号 HK04/1276
登録日 2004年7月21日

●TOYO PLASTIC (MALAYSIA) SDN. BHD.

審査機関 SIRIM QAS International SDN.BHD.
対象および範囲 Production of Extruded plastic sheet & Vacuum formed products.
受審規格番号 ISO 9001:2008
登録認証番号 AR1537
登録日 1998年11月6日
ページトップへ