最新事業報告

継続的な構造改革と環境重視の事業戦略で
世界的な経済苦境を力強く乗り切っていきます。

RP東プラ株式会社 代表取締役社長

国内における消費増税に米中貿易摩擦を主因とする世界経済の減速傾向があった中、2020年は早々から新型コロナウイルスの感染拡大が発生する、大変な苦難に見舞われました。とくに急激かつ想定外のパンデミックはグローバル経済に深刻な痛手を与え、国内外のあまたの企業は今、アフターコロナへの対応に向けてビジネス手法の一大変革を余儀なくされる難しい局面を迎えています。
当社もこのような状況下にありつつ、中期経営計画「Go20」を柱にした事業と組織両面の構造改革を昨年度より着実に推し進め、業績確保と改善にまい進してきました。今後もこの構造改革は確たる意思で継続するとともに、さらなる長期展望に基づいた環境保全やSDGsを重視する事業戦略で、世界的な経済苦境に負けない企業体質強化に一層注力してゆく所存です。
お客様をはじめとしたすべてのステークホルダーの皆様には、どうぞこれまで通りの厚いご支援を賜わるとともに、引き続きこれからの当社へのご期待を頂戴できますよう、何とぞよろしくお願い申し上げます。

  • 新役員 就任のご挨拶
  • 第65期 事業報告
  • 第66期 経営方針
ページトップへ