最新事業報告

3R戦略への取り組みが進展。売上減の一方で確実な利益を確保しました。

当社グループが3年間の期限で設定した中期経営計画『RP17』の2年目となる前期(第62期)は、基本方針に定めた3Rの進展に努め、組織・営業・生産の各分野にわたってさまざまな改革実行を加速させました。結果、市場変動や特別損失計上など多様な要因によって当連結会計年度の売上高および営業利益は前期比で大幅に減少したものの、経常利益については前期比増を達成。3Rを軸とする企業体質強化と事業効率化への取り組みが、着実に成果を上げつつあることを証明できました。

TOPIC

シート製品の単価下落で売上減になりつつ、原価低減を通じて利益率が向上
アミューズメント製品が市場の不振で売上減となる一方、住宅設備・車載・鉄道・車両向け製品の営業強化で売上高を伸張
関係会社TOPLA VIETNAM の業績が伸張
関係会社ポリテック(株)の吸収合併で当社単体業績が向上
関係会社明彩化学(株)が業績拡大により安定した黒字化を達成

第62期 株主総会資料

ページトップへ