技術情報

新製品の提案から設計、開発、生産まで。 3つの基本製法を軸に、ニーズに最適な製品づくりを追求しています。

プラスチック成形の3つの基本技術である「シート押出」「真空成形」「射出成形」。RP東プラはこれらの技術を磨き続け、プラスチック総合加工メーカーとしての確固たる地位を築き上げてきました。現在、開発センターを核として国内外にわたる広範な生産体制を構築し、新規技術の開発から製品設計、生産まで幅広く対応。さまざまな産業分野へ向けて多彩な製品提供を実現しています。

【プラスチック成形の基本技術】

シート押出技術
射出成形技術 真空成形技術

【製品ニーズに即したRP東プラの中空・軽量化技術】

AGI H2M RFM DSI WIM TSF

【製品ニーズに即したRP東プラの無塗装・高外観技術】

H&C GPI インモールド NSF

R&D体制 生産体制と設備
ページトップへ